建設業許可取得をサポート

建設業許可申請を一括代行させていただきます
建設業許可申請には、大量の書類作成と許可要件を証明するための大量の確証書類の収集と整理が必要となります。私どもの事務所では出来る限り、依頼者様のご負担にならいように一括して代行させていただきますので、どうぞ、お気軽にお問合せをお願いいたします。
行政書士斎藤事務所

一般建設業の許可取得のための6つの要件

1.経営管理責任者がいること
常勤役員等に一定の経営業務の管理経験等があること
〇建設業に関し5年以上経営業務の管理責任者としての経験がある者
〇建設業に関し5年以上経営業務の管理責任者に準ずる地位にある者として経営業務を管理した経験がある者
〇建設業に関し6年以上経営管業務の管理責任者に準ずる地位にある者として経営業務の管理責任者を補助する業務に従事した経験がある者
詳しくはこちら▶▶
経営管理責任者
2.適切な保険に加入していること
適用除外になる場合を除いて、適切な保険に加入している
〇健康保険
〇厚生年金
〇雇用保険
適切な保険
3.専任の技術者がいること
営業所に次の専任の技術者を置くことが必要です。
〇必要な資格を有する者
〇必要な学歴と必要な実務経験を有するもの
〇必要な建設工事に関し10年以上の実務経験を有する者
詳しくはこちら▶▶
専任技術者
4.請負契約に関し誠実性があること
法人は法人と役員、個人は個人等が、請負契約に関して不正又は不誠実な行為をするおそれが明らかな者でないことことが必要です。「不正な行為」とは請負契約に関して詐欺・脅迫・横領等法律に違反する行為をいいます。「不誠実な行為」とは工事内容・工期等について請負契約に違反する行為をいいます。
誠実性
5.財政基盤・金銭的信用があること
〇自己資本の額が500万円以上であること
〇500万円以上の資金調達するの能力があること
金銭的信用
6.欠格要件に該当しないこと
下記のいずれかに該当する場合は、許可を受けられません。
1.許可申請書又は添付書類中に重要な事項について虚偽の記載があり、又は重要な事実の記載が欠けているとき
2.法人にあっては、当該法人の役員等、法定代理人、支店又は営業所の代表者が、また、個人にあってはその本人又は支配人等が、次の要件に該当しているとき
ア、精神の機能の障害により建設業を適正に営むに当たって必要な認知、判断及び意思疎通を適切に行うことができない者又は破産手続開始決定を受け復権を得ない者
イ、不正の手段により許可を受けたこと等により、その許可を取り消され。その取消しの日から5年を経過しない者
ウ、許可の取消しを免れるために廃業の届をしてから5年を経過しない者
エ、建設工事を適切に施工しなかったために公衆に危害を及ぼしたとき、あるいは危害を及ぼすおそれが大であるとき、又は請負契  約に関し不誠実な行為をしたこと等により営業の停止を命じられ、その停止期間が経過しない者
オ、禁固以上の刑に処され、その刑の執行を終わり、又はその刑を受けることがなくなった日から5年を経過しない者
カ、次の法律に違反し、又は罪を犯したことにより罰金刑に処され、その刑の執行を終わり、又はその刑の執行を受けることがなくなった日から5年を経過しない者
㋐建設業法
㋑建設基準法、宅地造成等規制法、都市計画法、景観法、労働基準法、職業安定法、労働者派遣法の規定で政令で定めるもの
㋒暴力団員による不当な行為の防止等に関する法律
㋓刑法 傷害・現場助勢・暴行・凶器準備集合及び結集・脅迫又は背任の罪
㋔暴力行為等処罰に関する法律
キ、暴力団員による不当な行為の防止等に関する法律第2条6号に規定する暴力団員、又は同号に規定する暴力団員でなくなった日から5年を経過しない者(以下暴力団員等という)
ク、暴力団員等が、その事業活動を支配する者
欠格要件

依頼方法

STEP1 お問合せ・見積依頼
まずは、お気軽にお問い合わせください。電話やお問い合わせフォームからのメールなど、お客様のご都合の良い方でご連絡お願い致します。ご相談や見積は無料です。もちろん、秘密は守れますので、どうぞ、お気軽にお問い合わせください。
電話とメール
STEP2 お問合せ内容の確認・打合せ

お電話や面談などで、お問合せ内容の確認や、作業内容の打合せをさせていただきまして、よろしければその後、見積書及び、作業の際に揃えていただく必要書類を提示を提示させていただきます
打合せメモ
STEP3 ご契約・ご入金
お見積り内容にご理解いただきまいたら、業務委任契約を締結させていただきまして、印紙代等の請求書を発行させていただきますので、ご入金をお願いいたします。
基本的に立替金が多い業務になりますので、作業着手時のお支払いをお願いしております。入金時期については見積の段階でご提案させていただきます。
契約書・請求書
STEP4 作業スタート
ご入金確認後、関係書類の収集及び書類作成の作業を開始させていただきます。その後定期てきに作業状況の報告をさせていただきます
仕事スタート
STEP7. 作業完了、完了報告
作業完了後すみやかに完了報告させていただきます。その後定期的に、アフターフォローさせていただきます。
仕事ゴール

報酬額一覧

(税抜金額、経営管理責任者・専任技術者の証明年数によって報酬額が変動します)

建設キャリアアップシステム代行申請サポート                          

建設キャリアアップシステム

事業者情報登録・技能者情報登録を代行申請いたします

このような時は、お手伝いさせていただきます。
1.元請けから登録しないと、現場に入れなくなると言われた。
2.申請書類が複雑で、分からない。
3.仕事が忙しくて、自分で調べて申請できない。
4.パソコンで登録するのが、不安
▶▶詳しく見る 

産業廃棄物収集運搬業許可申請サポート(積替え保管除く)

申請から審査・許可証交付までの流れ

1.講習会の受講
2.申請書の作成
3.申請日時の予約
4.申請
5.審査
6.許可証の交付
▶▶詳しく見る

宅建業免許申請サポート

宅建業免許取得申請を代行させていただきます

宅建業免許取得のための5つの要件
1.事務所について
2.政令で定める使用人について
3.専任の宅地建物取引士について
4.欠格事由について
5.営業保証金の供託又は保証協会への加入
▶▶詳しくみる


行政書士斎藤事務所048-738-3557受付時間 9:00-17:00 [ 土日祝除く ]

メールでのお問い合わせはこちら お気軽にお問合せください。